導入の手間を省く|塾の経営に役立つ裏技を公開します|困った時の知恵

導入の手間を省く

クレジットカード決済用の端末を導入

レシート

店舗を経営するうえで、クレジットカード決済は避けて通れません。多くの消費者の利便性を考えると、クレジットカード決済に対応していることは、もはや常識といえます。クレジットカード決済を行うには、個別にカード会社に申し込み、専用端末を導入する必要があります。しかし、日本で流通してるカードは多く、通常、店舗側で使用可能なカードは5種類程度だと言われています。これらのカード会社へそれぞれ申し込み手続きをするのは、店舗側にとって大きな負担です。そこで、最近は加盟店営業の代行会社を利用する、という方法が普及しています。代行会社は複数のカード社の加盟店営業を代行しているので、一括で複数のクレジットカード決済システムを導入することができます。

代行業者が支援してくれる業務

加盟店営業の代行会社は、店舗に代わってそれぞれのクレジットカード会社に対する手続きや審査請求、さらに導入後の支払い業務など、すべての代行業務を担当してくれます。しかも、そのほとんどが基本的に無料サービスです。手続きや申請処理はもちろん、専用端末の使用料についても無料になることがあります。個別の代行業者によって若干の違いはあるかもしれませんが、そのほとんどが無料で代行業務を行ってくれます。手続きに約一か月、専用端末の導入までに約2か月というのがほとんどの代行会社に共通した手続き期間だと言えます。ごく一部の業種を除き、大半の業種や個人経営の店舗にも対応してくれます。また、カード会社から店舗への支払いについても、代行会社がきめ細かく対応してくれる、というのが特徴です。